引っ越しに伴う作業は、すごく手間

No Comments

引っ越しに伴う作業は、すごく手間暇がかかります。

片付けは慌てなくてもよいですが、梱包作業は引っ越すその日までに終わらせておくべきです。
ものぐさな自分は、いつ準備に手をつけようかと考えるにもかかわらず、最終段階になってから慌てて準備を始めるタイプです。私たち一家が埼玉県から東京に引越しする時、パソコンを荷物に入れて荷造りするか考えました。

自分たちには車があったので、旦那が細かい荷物とか貴重品とともにパソコンものせて新宿に持っていくこととなりました。

パソコンはきちんと梱包しても、万が一、誰かが起動させようものなら、個人情報がいっぱいあるので、とても不安にかられたからです。

過去に、引越しを経験しました。

業者に依頼しましたが、それでも想像どおり大変でした。大変だったことを挙げると、諸々の手続きです。

自治体が変われば、印鑑証明請求のための印鑑登録もする必要がありました。
必要となることはまずありませんが、一応登録しておきました。田舎から出て一人きりの賃貸生活をすることになった時は、荷物と言えるような荷物もあまりなく、考えた挙句、クロネコヤマトの宅配サービスを使って引っ越しを済ませました。衣類と仕事用の本とか、梱包してみたらダンボール10個もないくらいでした。

なので、トラックを使って自分で運ぶよりも全然安い値段で引っ越せました。
布団のように、かさのあるものは住むところで買えばいいと考えていました。
だからこんなやり方もできました。

引っ越しは何度も経験してきました。どこでガスを止めるかはいろいろな意見があると思いますが、だいたい、引っ越し当日にガス会社の方に来てもらいました。

引っ越しが近づけば、その準備で体力も使いますし、汗もかくため引っ越し前日の夜ともなれば最後のお風呂に入り、疲れを癒やすのが楽しみでした。

引っ越し当日も、お湯を沸かして温かいものを飲めばふと緊張が解けることがあります。引越しをするにいたっては、引越し業者に依頼をする方法が、よくあることだと思います。その場合に、お茶やジュースといった飲料の差し入れをすることはあると思いますが、チップを渡す必要はございません。海外では広く浸透しているチップですが、日本なら、しなくてもよいでしょう。

引越し業者の指示があると思いますが、引越しの前日には、前もって冷蔵庫の電源を抜いておくべきでしょう。

理由はというと、冷凍庫についた霜を溶かし、そうして溜まった水をあらかじめ取り除くことが可能だからです。

あらかじめこの処理をしておくことで、冷蔵庫を運ぶ際に、他の荷物や家の設備などに水が掛かることを防げるようになります。
引っ越しは何度もしてきていますが、その私が、たった一つ皆さんに伝えたいことがあります。

「壊れる心配のある大事なものは、他人に任せたりしないこと」。
忘れもしない、初めての引っ越しの時、いくつかの食器が割れてしまっていました。実は自分の作品だったので、「まさか」と思い、衝撃を受けました。とはいえ、お金にすると二束三文にもならないようなものですから、文句をつけるために電話したりなどはしませんでした。そんなことがあってからは、工芸品や貴重品、割れるものは自分で運ぶように心がけています。引越しといえば、粗大ゴミの整理です。

引越し時に捨てるのは困難ですから、前もって大きな粗大ゴミは捨てていったほうがよいと思います。

荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分すれば、楽になります。処分する日時を前から、チェックしておくと無難です。何かサービスを受けた時にすっとチップを差し出す、ということを、普段行なう人はなかなかいないと思いますが、引っ越しの際には、作業してくれた業者に、料金外のお金を少し包む人は大半です。
大きな荷物の上げ下げを繰り返してくれる作業スタッフに労りや感謝の気持ちにかえて、お金を包むとか、ペットボトルの飲み物と軽食を用意したりすることもあります。

こういったことをする必要は、本来全くないのですが、重労働の後にそういった心付けをもらええると、スタッフとしても正直なところありがたい、と思うそうです。
松山だったら引越し業者で安いところがおすすめ

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です