債務整理を行うと、結婚の時に影響があるのではないかと

No Comments

債務整理を行うと、結婚の時に影響があるのではないかと考えている人がいますが、債務を整理せずに、大きな借金があるほうが問題です。債務整理をしたせいで結婚に影響するデメリットとして考えられるのは、家を建てたい時、債務整理後、7年間は住宅の月賦が組めない事です。
7年以上間をあければローンが組めます。

賃貸の物件を新しく契約しようかという場合に、債務整理をしているからと言って審査に余波が及ぶことはありません。

信用情報機関に記録されている事故情報は金融会社のためのもので、仮に不動産会社が参照したいと思ってもできるものではないからです。よって、債務整理の影響が引っ越しに及ぶことを心配しなくてもOKです。けれども、自己破産では、申立をしてから免責が下りるまでは引っ越しするには裁判所の許可がなくてはならないため留意しておきましょう。当然ですが、債務整理を行った結果はメリットばかりではありません。最もよく知られているものといえば、ブラック状態になることです。
つまり、金融機関のローンやその他の借り入れが不可能になります。

債務整理には複数の方法があり、選んだ債務整理の違いでブラックリストに載っている期間が最短でも5年間から10年間と異なり、一律ではありません。車を処分を避けるのであれば、車のローンはそのままで、車を持ち続けることができる任意整理などの方法で債務整理を行いましょう。
けれども、実際に債務整理をした結果、車を残せるかどうかは、生活の中でどれだけ車が必要になっているかで判断が異なるため、一概には言えません。

もし車がなくても問題ないということになると、車を所有する許可が下りませんから、あらかじめ担当する弁護士や司法書士に相談し、なぜ車を手放せないのかという点について説得するのも良いでしょう。

たった一度の債務整理のせいでその後一切の借金ができないかというと、そんなことはありません。事故情報がブラックリストから消去されたらもう一度融資してもらえることもあります。
けれども、任意整理をしている状況下でまた借りるというのは絶対にしてはだめです。

まず借りられない確率が高いことと、その行動について担当弁護士か司法書士の耳に入ると、サポートを打ち切られることもありえます。

私はお金を借りたことで差し押さえがありそうだったので財務整理をする事を決心しました。

債務の整理をする場合、ぐんと借金が減りますし、差し押さえを免除されるからです。近所にある弁護士事務所で相談にのって頂きました。親身になって悩み事を聞いてくれました。債務整理は大きく3通りありますが、中でも任意整理は裁判所を通さないという特徴があります。あとの個人再生や自己破産といった手続きの場合は裁判所に申し立てを行います。

しかし、債務者自身がそう頻繁に裁判所に行く必要はないでしょう。

依頼した先が弁護士事務所なら、個人再生はもちろん自己破産でも債務者の代理人として裁判所での手続きのほとんどをしてもらえますから、料金は司法書士よりいくらか高くてもメリットは大きいです。

債務整理の依頼を弁護士あるいは司法書士にする場合、揃えておくべきものは身分証明書、印鑑、クレジットカード、それから現在の借入の状況を示すあらゆるものです。さらに、保有している資産についての証明書も場合によっては必要です。例えば契約書がもう残っていなかったり、クレジットカードがなくなっていても、調査すればいいだけのことですからまだ諦めるのは早いです。
件数そのものは以前に比べて減ったものの、債務整理のひとつとして特定調停というものがあります。

簡単にいうと、返済中の借入先に対し既に過払いになっている金額がある場合に効果が出るやりかたです。それと、過払い金部分についてですが、特定調停の場ではその性格上、過払い金請求はできませんので、あとから請求を行います。

基本的に返済中は過払い金請求はできませんが、債務を完済している時点で請求可能となります。

債務について利息制限法に基づいて過払い金を計算しなおし、現状の債務と相殺することを話し合うのが特定調停という制度です。

ただ注意すべきことに、過払い額が負債額より大きいときはこの調停の場合は払い過ぎた分が債務者に戻ってくることはなく、負債が棒引きになるだけで、けしてプラスにはなりません(ゼロ状態)。

ですから過払い金の額のほうがどう見ても多いと判明しているのであれば特定調停は避け、返還を求めて過払い金請求をするべきです。

Categories: 未分類

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です